読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3冊並行読書のブログ

3冊並行読書の記録をするブログです。

読書について 本を読む本/読書について/読みの整理学

読んだ本

A 本を読む本 by J・モーティマー・アドラー

B 読書について 他二篇 by ショウペンハウエル

C  読みの整理学 by 外山滋比古

概要

 本ブログではテーマの異なる本を3冊読み、相互に検討することで批判的に読むことを目的とする。だが、本記事では同一のテーマ、即ち「読書と思索」を扱った本を紹介する。「読書」というテーマの間で、互いに比較する。

 Aは、読書の作法と心得について述べている。読書を4つのレベル(初級レベル、点検レベル[系統立てて拾い読み]、分析読書[徹底的に分析して読む]、シントピカル読書)に分けて読書法を解説する。シントピカル読書とは、「一つの主題について何冊もの本を相互に関連付けて読む」ことを意味する。読書には積極性が必要であり、読んでいるあいだに質問し、「発見」を伴うべきと言う。

 Bは、あらゆる時代、あらゆる民族が生んだ古典や良書を読むべし、ということを主張する。また良書を読むためには、悪書を読むべきではない。また「他人にものを考えてもらい、自分で考えることを辞める」結果となる多読は避けるべきだと言う。

 Cは、読書に関するエッセイに近い。簡易な読み口であり、難解な書物(外国語も含む)への取り組み方も紹介している点が興味深い。未知の書物に比較して、既知に導かれて読む読み方はやさしく、ときに楽しい。

所感

 古典は有益でありながらも難解であることが多い。その苦痛をやわらげるため、簡易で既知の書物(Cにいうアルファー読み)の視点を借りながら、ベーター(未知)の読書を進めることが良かろう。

 このため、日々の読書では、「読書に対して自分の頭で考える」ことを目的として、Aに言う「点検読書」レベルでありながら、シントピカル読書を行う。読みかけの本を中途にておき、他の本に移ることで、客観的に本の内容を考察する。分析読書まで行って、筆者との折り合いをつけることは自分にとって「他人にものを考えてもらう」状態になると懸念する。

 他方、読む本の中には、古典や良書を含めるように心がける。難しくとも、既知の書物も組み合わせることで、少なくとも撤退を忌避する。一方で、Aに言う「どんな良い本にも、必ず欠点がある」という姿勢を忘れない。

 またCでは、未知のものを繰り返し読むことが重要と主張する。読書百篇、意自ら通ずとも言うし、愛着もわく。他方、悪書を繰り返し読むことを避けるため、長期的に読書に取り組むということはせず、1週間という区切りを設け、3冊を繰り返し読むこととする。言うならば読書のポートフォリオである。どうしても繰り返し読みたいと思ったものだけ、再度読みなおす。

 本来であれば全ての本に対し分析読書を行い、徹底して読書をするべきであろう。しかしながら、このような3冊並行読みは以下のメリットがある。
(1)本を客観的に考察できる
(2)本を変える際に気分転換となり、新鮮な気持ちで各本を読める
(3)読み返すべき良書を判別しやすい。悪書のみをつかむリスクが減る。

 

 一冊の本に対し、他の本の主張を借りながらでも批判するのは楽しい。
 頭の体操にもなる。  

本を読む本 (講談社学術文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)

 

 

読書について 他二篇 (岩波文庫)

読書について 他二篇 (岩波文庫)

 

 

「読み」の整理学 (ちくま文庫)

「読み」の整理学 (ちくま文庫)

 

 

社会心理学講義/調理場と言う戦場/ウソを見破る統計学

本の概要

A 社会心理学講義 by 小坂井敏晶

フランスの大学修士課程の学生を対象に行った講義をもとに構成。認識論や影響理論を中心としつつ、社会心理学の考え方について批判的に検討。内容に対してかなり面白く、考えに幅を持たせることができる。

 

B 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論 by 斉須 政雄

コート・ドールというフランス料理店長による、回顧録。23歳で単身フランスに渡り、やがては日本で3つ星レストランを経営するまでに至った経験を述べ、その中で仕事論について語る。エッセイに近い感じで、読みやすい。

 

C ウソを見破る統計学 by 神永 正博

大学教授とそのまわりの人の対話を通じ、社会の事象を統計学的な見地から解説する。よくある「データをきちんと読みましょう」というデータ・リテラシーの話を混ぜつつ、統計学の基本的な事項を学べる(というか復習)読み物。 

 

所感 

 私がAから学んだ点は3点。①学問に対する姿勢(現在の社会心理学に対する批判)、②自由意思の脆さ(影響理論)、③社会の格差、についてである。

①学問に対する姿勢

 心理学は他分野との交流が乏しくなり、研究発表も内輪でしか行われない。その心理的背景には、研究者に熱をもった課題意識が伴っていないからだ。学者や学説の研究を行うだけで、精神や人間の条件を理解しようと試みる姿勢に乏しい(ジェロームブルーナー)。

 また常識的な概念から逃れることができず、その主張も極めて凡庸である。自然科学者は滅茶苦茶なことを平気で提言する。常識を一旦棚にあげて、理論に独り歩きさせることが大切である。矛盾が現れても、それを総括させることで、新たな真理が見つかることもある。

 Bにおいても、同様に「新しいものって、やっぱりはじめはちょっとヘンなものに見える」と述べている。ただこの主張に1点補足するならば、Bでは「努力した上で、基礎を作りあげる。その基礎は、広がりと応用性を備えたものになる」と言う。この基礎があってこそ、新しい仕事ができるのではないか。と思う。

 とはいえ、人文・社会科学から滅茶苦茶な主張が現れ、世間に認められることは少ない。人文・社会科学の研究とは、自分自身の疑問につきあい、己を知るための手段である。本当に必要なのは、自分自身と向き合うことであり、その困難を自覚すること、それだけだと筆者は言う。

 同様に、筆者は近年の研究者の卵の姿勢に対しても叱咤している。実証研究の結果だけで物事を判断すべきではないと。科学が発展する上で実証以上に哲学的思索、そして自由な想像力が重要な役割を果たす点を見落とすな、と。そもそも、理論の正しさを確かめるために実験をするという発想自体をつまらないと切り落とす。逆に、理論の不備を露わにすることで、慣れ親しんだ世界像を破壊し、その衝撃から、さらに斬新な理論が生まれるきっかけを提出することこそが実験に本来期待されるべき役割だと。

 Cでは、一般的に流布する主張や常識も、正しいデータを基に見破ることを説く。Aはそのさらに先を行き、実証研究の結果を適切に見抜き、その上で哲学的思索や想像力を働かせることが重要と読み取れる。データそのものを破壊することも、時には必要なのだ。

 まず何かに対して本質的な疑問をもち(例えば、「時間」とはなにか)、その結果として誰か著名な哲学者の勉強をはじめるのが筋だと言う。そして、何十年もその問いと戦い続け、あらゆる分野の学問を駆使し、問い続けていけば、おのずと自分固有の見方が生ずるのである。

研究のレベルなど、どうでもよい。どうせ人文・社会科学を勉強しても世界の問題は解決しません。自分が少しでも納得するために我々は考える。それ以外のことは誰にもできません。社会を少しでも良くしたい、人々の幸せに貢献したいから哲学を学ぶ、社会学や心理学を研究するという人がいます。正気なのかと私は思います。そんな素朴な無知や傲慢あるいは偽善が私には信じられません。

 人生なんて、どうせ暇つぶしです。理由はわからないが、やりたいからやる。それが自分自身に対する誠実さでもあると思います。

 

 

②自由意思のもろさ

 人は行為の出発点として<私>を設定したくなるが、それは自律幻想であり、誤りである。人の物理的行動と脳の機能を比較すると、行動の方が先にくるという。心は脳の中にない。脳以外の身体諸器官、そしてそれらに影響を与える環境に宿っているというべきである。心は、環境の中に拡散し、論理は無限遡及に陥り、行為の原因<私>は雲散霧消する。人間は合理的な動物ではなく、合理化する動物である(フェスティンガー、河野哲也「環境に拡がる心」)。

 Bでは、行動が先に来ることから、真剣な行動や「切実な行動」を積み重ねていくことの重要性を説く。これを積み重ねていくことで、色々な人が介在してきて、だんだんと形になるという。これは、「切実な行動」により自分の中の<私>が真剣になり、またその行動の積み重ねが他者へも影響していき、やがて自分のもとに返ってくるのではないか。行動が意志を決め、そして環境をもつくる。 

 なお、自律幻想や根本的帰属誤謬は、同一社会内で社会階層を上昇するほど、学歴が高いほど、強いとのこと。虚心坦懐な意識を持つことが出発点かもしれません。

 ここはイマイチ根拠がよく分かりませんでした。Cの視点から言うと、学歴が高いとは何か、社会階層が上昇とはどういう意味か、と明確にすべきでしょう。

 

③ 社会の格差

 社会の格差とは、納得性を考慮する必要がある。小さな格差こそが問題をはらむ。明白な差は誰にでも納得できるが、小さな違いについては自分の劣等性を受け入れ難い。人は比較の中に生きている。すべての人間を平等に扱う社会は実現しえない。

 このため、社会の格差を正当化するメカニズムがいつの世でも必要である。カースト制度は区別の根拠が神という共同体の<外部>に投影され、社会は安定する。また個人の能力により社会上昇する可能性があれば、可能だと言う幻想が保たれれば、不満は大きくならない。不平等の現実にもかかわらず社会構造自体の是非は問われない。貧富の原因が各人固有の能力に帰されるからである。

 またAでは、弱者による社会での上昇ケースについても述べられている。強者と同じ生活環境にいれば、弱者は淘汰される。しかし同じ環境に生息しても、異なる種の個体ならば共存が可能である。人間の世界も同様に職業上の棲み分けが進み、そこで主流派と比較できない分野に特化する傾向が生まれた(デュルケム「社会分業論」)。 

* 

結論と今後の生活への活用

①行動を正す。そのために、行為を外的に規定する習慣やフレームワークを作成する。

②自分の中で、根源的な問いを1つ持ち、それに絡めた読書をする。

 

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

 

 

調理場という戦場 ほぼ日ブックス

調理場という戦場 ほぼ日ブックス

 

 

ウソを見破る統計学―退屈させない統計入門 (ブルーバックス)

ウソを見破る統計学―退屈させない統計入門 (ブルーバックス)

 

 

スペイン語DELE C1の結果

 

嗚呼、スペイン語試験DELE C1の結果が明らかになった。

はかない期待はもろくも崩れ。厳しい結果に心はサメザメ。

 

DELE B2は比較的良い成績で合格できたので、実力はそのままでもC1も行けるかな…と思ったのが甘かった。

多分、再チャレンジはしません。一時撤退。テストに対する自己評価と、実際の評価が乖離していて、この差を埋めるのは容易ではなさそうなので。

(以下のスペイン語中毒部の人は、C1を3回受験して合格したようです。生半可な努力では、難しそうですね。)

http://supeingodokugaku.com/

 

…とまあ私の心模様に皆様、興味はないですよね。

以下、役に立ちそうな情報を列挙しておきます。

 

1 採点について

B2に比べて、採点が非常に厳しいと感じた。正直なところ、テストを受けた後はReadingもListeningも手ごたえがあった。OralもB2の時と同じ程度には話せた。全体的に、B2の時と同じ出来栄えだった。それでも、実際の採点は厳しく、合格に及ばなかった。B2レベルとは全く違った。思えば、B2の採点は、多少甘く付けてくれていたのだろう。

個人的に、B2が合格する人なら、C1でもReadingは問題を理解できると思うし、OralもWritingも回答できると思う。それでも、合格点を取ることは別問題。そう留意して欲しい。

おそらくDELE B2で8~9割の点数を取れる人でないと、すぐにC1合格するは難しいのではないだろうか。

 

2 どうやったら受かると思えるか

自戒の意味を込めて書く。

C1レベルに合格する人は、「コミュニケーションできます」からさらにワンステップ進んだ人だと思う。つまり、(1)スペイン語圏の大学で勉強している人や、(2)1日の相当の時間を、継続的にスペイン語学習に費やせる人。そのくらいでないと合格は困難だと感じた。

もしも、私がもう1度Cレベルを受験するのであれば、少なくともスペイン語圏に住んでいるか、スペイン語学校に十分に通える環境になってからであろう。スペイン語と関係のない仕事をしながら、あいた時間で準備をして…では苦しいのではないか。

 

片手間での合格は厳しい。そう痛感できた点で、受験に意義はあったと思う。予想であるが、これは他の言語(フランス語)でも同じことが言えるのではないだろうか。

 

 

Preparacion Dele: Libro + CD - C1 (2012 Edition)

Preparacion Dele: Libro + CD - C1 (2012 Edition)

  • 作者: Edelsa,P Alzugaray,Leonor Quintana,A F Hidalgo,M Garcia-Vino,R M Perez
  • 出版社/メーカー: Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

El Cronometro C1 / The Timer: Manual de preparacion del DELE / Student’s Book for the DELE Preparation. Level C1

El Cronometro C1 / The Timer: Manual de preparacion del DELE / Student’s Book for the DELE Preparation. Level C1

 

 

3冊並行読書の方針

3冊並行読書を進めるにあたり、自戒のため、留意すべき点を記載する。

f:id:trq:20160505164158j:plain

読書の留意事項

(1)1週間に3冊読む。

(2)月~金に3冊読み、土・日に復習と書きとめ。

(3)各本から、20%程度の吸収を心がける。80%は捨てる。どうせ覚えられない。

本の選び方

(1)1冊は専門書。できれば仕事に関係のあるもの。

(2)1冊は、過去に読んだもの。読むことに時間をかけない。

(3)もう1冊は自由。新刊か、良書か、洋書か。

書きとめの留意事項

(1)効率化のため、引用はなるべくしない。咀嚼して、自分の言葉で書く。

(2)自分が読み返すために記載する。

(3)「何を書くか」より「何を書かないか」

 

海外で人脈をつくり、ビジネスに繋げるコツ

海外で主要な人物と一緒に食事をしても、その食事でおしまい…。

そんなことはないでしょうか(私はよくあります)。

 

 せっかく紹介してもらったのに、世間話をして、その国の話をして、日本の話をして。名刺も交換して、連絡先も交換して、終わった後に「今日は有意義な時間でした。また宜しくお願いします」とメールして。

 

当然、その後にその人との交流が発展することはないでしょう(私はそうでした)。

 

そんな私ですが、最近は人脈を維持・発展がそこそこできるようになったかな?という気がしますので、コツを以下に紹介します。

 

1 最初は世間話、軽いジョークをする

これは多くの方が実行していることかと思いますが、最初は軽い話で進めるのがベターです。

2 自分の専門性を語るとともに、何ができるかを述べる

どんな相手であれ、有能な人は話し相手を値踏みします。自己紹介もかねて、自分の経歴、仕事等をささっと説明します。

3 この国で、何がしたいか、どういうアイデアがあるか 

これが最も重要です。具体的なアイデアを話し、こういうビジネスをしたい、こういう問題を解決したい、といった夢のある話をすると、人脈は自然と残るかまたは発展していきます。

逆に言えば、ここまで話して残らなかった人は、その人は貴方にとっても重要でなかったという可能性があります。人脈を維持・発展させるには、自分にとってどういう人が重要か。そしてなぜ重要か。を具体的に自問自答することをお勧めします。

「何かビジネスがしたいから、この国の貿易大臣」や、「どこかの大学院に行きたいから、どこかの大学の偉い教授」ではなく、「こういうビジネスをする上で、こういう働きかけをする必要がある。そのため、その管轄である商業大臣」等詳しく考えていくことが重要なのです。

統計検定を2カ月で合格する4つのコツ

統計検定2級を、2カ月ほど勉強して合格しました(2015年)。その合格体験記として、勉強の時に意識したコツを紹介します。

統計検定 2級|統計検定:Japan Statistical Society Certificate

f:id:trq:20160515160257j:plain

私の紹介:

統計学については、大学時代に授業でとったなあ、という程度。基礎的な用語(標準偏差、t検定等)に馴染みはあるものの、大学卒業後は特に統計学に触れたことなし。

 

使用した参考書:

マンガでわかる統計学(導入として。図書館等でざっと読んだ程度)

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2013〜2015年](必須)

改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定2級対応 統計学基礎(必須)

 

1.参考書ではなく、問題から入る

 参考書からではなく、問題集から入る。「問題を解く→解説を読む」の流れを繰り返し、必要に応じて参考書を読む。この流れが鉄則だと思います。

 理由は2つあり、1つ目は、統計学の参考書(ここでは統計学基礎)が、非常にとっつきづらい。そりゃ読めば書いてあることは、なんとなく理解できるけど、これで自分の知識として身に付け、テスト問題に適用させるのはまず無理(と判断した)。

 2つ目は、参考書で解説する部分の多くは、実際のテストに出ないからです。後ほど述べますが、明らかに出るところは偏っています。

 

2.分からない問題や解説に深入りしない

 「問題を解く→解説を読む」の流れでは、解説を読んでも、参考書を読んでも理解できないところがありました。しかしながら分かるまで徹底して調べるといったことはせず、「3回問題を繰り返すうちのどこかで、いつか分かるだろう」と軽い感じで流していました。実際に2回目に解説を読む際に意味が理解できて、3回目で解説なく問題を解くことができた、というパターンは多かったです。

 脳は、放置している間に勝手に考える能力もあります。その力にも頼りましょう。東大首席弁護士の山口真由さんは7回読み勉強法を勧めていましたが、回数を重ねての勉強は効果的です。

 

3 過去問を3分割し、3回繰り返す

 公式サイトの出題範囲表では、大項目が10個以上あります。が、実際には大きく分けて「データ記述と要約」、「確率と確率分布」、「統計的推計、線形モデル分析」の3つに分けられます。実際の試験問題は18問程度ですが、上の3つそれぞれにおよそ6問ずつ充てられている印象です。

 私はこの18問を3つに分け、1カ月半で以下のようにまわしました。

  第1週:導入(試験概要について調べたり、統計学の漫画等の読破)

  第2週:問題集の問1~問6を5回分解き、解説読解

  第3週:問題集の問7~問12を5回分解き、解説読解

  第4週:問題集の問13~問18を5回分解き、解説読解

  第5~6週:復習として、全問題を再度解く

 

 第2~4週は、平日に約1時間程度かけて問題を解き、土日に復習として、その週に解いた問題をもう一度解きなおしました。また土日には参考書をペラペラと読み直し、テストに出そうなところをチェックしました。

 

4 出題傾向を意識する

 過去5回分の問題を見ればある程度予測できますが、出題傾向に偏りがあります。

よく出てるな、という印象を持つのが以下の内容。

 ・データの記述と要約:ヒストグラム、標準化得点、箱ひげ図、相関係数等

 ・確率と確率分布:条件付き確率、離散型確率分布等

 ・統計的推測:t検定、F分布、回帰直線等

自分なりに目処をつけて、メリハリをつけた勉強することが重要です。無論例年の出題傾向から外れたものも出ていますが、選択問題ですし、「頻出問題を落とさない」という姿勢が一番大事なのかなと思いました。

 

以上が私の勉強法でした。平日1日1時間ほど、土日に2~3時間程度でしょうか。これから受験される方は、是非是非がんばってください。

 

 

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2013〜2015年]

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2013〜2015年]

 

 

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

 

 

英語のヒアリング能力を上げる7つのメソッド

 英語のヒアリング能力を上げるには、長期間の多聴、実践での会話の繰り返しです。裏ワザなんてないと思っています。 

 ・・・ですが、長期間ヒアリングをやり続けるということは楽ではないですよね。正直言って、飽きます。このため、ここで英語ヒアリング能力を上げる裏ワザのようなものを紹介します。効果を期待するより、長期間の繰り返し練習に飽きそうな人が、気分転換に試してみるのがよいのではないかと思います。

 具体的には、(1)速聴学習、(2)周波帯を意識した練習、(3)睡眠学習、(4)利き耳を意識した練習、(5)耳のストレッチ、(6)指のストレッチ

続きを読む