読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3冊並行読書のブログ

3冊並行読書の記録をするブログです。

スペイン語DELE C1の結果

 

嗚呼、スペイン語試験DELE C1の結果が明らかになった。

はかない期待はもろくも崩れ。厳しい結果に心はサメザメ。

 

DELE B2は比較的良い成績で合格できたので、実力はそのままでもC1も行けるかな…と思ったのが甘かった。

多分、再チャレンジはしません。一時撤退。テストに対する自己評価と、実際の評価が乖離していて、この差を埋めるのは容易ではなさそうなので。

(以下のスペイン語中毒部の人は、C1を3回受験して合格したようです。生半可な努力では、難しそうですね。)

http://supeingodokugaku.com/

 

…とまあ私の心模様に皆様、興味はないですよね。

以下、役に立ちそうな情報を列挙しておきます。

 

1 採点について

B2に比べて、採点が非常に厳しいと感じた。正直なところ、テストを受けた後はReadingもListeningも手ごたえがあった。OralもB2の時と同じ程度には話せた。全体的に、B2の時と同じ出来栄えだった。それでも、実際の採点は厳しく、合格に及ばなかった。B2レベルとは全く違った。思えば、B2の採点は、多少甘く付けてくれていたのだろう。

個人的に、B2が合格する人なら、C1でもReadingは問題を理解できると思うし、OralもWritingも回答できると思う。それでも、合格点を取ることは別問題。そう留意して欲しい。

おそらくDELE B2で8~9割の点数を取れる人でないと、すぐにC1合格するは難しいのではないだろうか。

 

2 どうやったら受かると思えるか

自戒の意味を込めて書く。

C1レベルに合格する人は、「コミュニケーションできます」からさらにワンステップ進んだ人だと思う。つまり、(1)スペイン語圏の大学で勉強している人や、(2)1日の相当の時間を、継続的にスペイン語学習に費やせる人。そのくらいでないと合格は困難だと感じた。

もしも、私がもう1度Cレベルを受験するのであれば、少なくともスペイン語圏に住んでいるか、スペイン語学校に十分に通える環境になってからであろう。スペイン語と関係のない仕事をしながら、あいた時間で準備をして…では苦しいのではないか。

 

片手間での合格は厳しい。そう痛感できた点で、受験に意義はあったと思う。予想であるが、これは他の言語(フランス語)でも同じことが言えるのではないだろうか。

 

 

Preparacion Dele: Libro + CD - C1 (2012 Edition)

Preparacion Dele: Libro + CD - C1 (2012 Edition)

  • 作者: Edelsa,P Alzugaray,Leonor Quintana,A F Hidalgo,M Garcia-Vino,R M Perez
  • 出版社/メーカー: Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

El Cronometro C1 / The Timer: Manual de preparacion del DELE / Student’s Book for the DELE Preparation. Level C1

El Cronometro C1 / The Timer: Manual de preparacion del DELE / Student’s Book for the DELE Preparation. Level C1